【感想】前世の失敗を胸に刻む男の物語【無職転生】

なろう小説無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』

『小説家になろう』で長年1位に君臨し続けるこの作品。

web小説を読む者なら誰もが耳にしたことがあるんじゃないだろうか。

今回はこのなろう小説の登竜門と言える作品の感想を書いていきたい。


物語のあらすじ

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。


上記のあらすじに少し付け加えるなら、主人公はある事件を機に、夢の中で『ヒトガミと名乗る人物が現れ始める。

彼は事あるごとに夢の中で主人公に助言を残してゆくのだが、これが物語の大きな伏線となり、主人公の人生を大きく左右していくことになる。


泥臭く、華麗とは言えない物語

なろう小説の最高峰に位置することから、当初私がもつこの作品に対するイメージは、主人公が前世の知識で最強になり、数々の事件を華麗に解決して無双していく話だと思ったが、この作品は思いのほか泥臭い話ばかりだった。

主人公は努力して魔術師として稀有の才能を手に入れるのだが、それでも上には上がおり、主人公が無双するなんてことはなかった。

様々な困難を前に、主人公は泥にまみれながらも何とか解決するのだが、その結末は妙にリアルであり、決して完璧とは言えないことが多い。

よくある転生もので、チート能力で困難を解決するわけでもなく、前世の知識で問題を華麗に解決するわけでもない。

いま思い返すと、この作品は熱いバトル展開が多いと思う。

そのバトルの中で主人公はいつもボロボロになるのだから、異世界転生ものでは珍しいのではないだろうか。

チート能力で異世界無双が苦手という人にもオススメできるだろう。

主人公の妙にリアルな苦難、そして、そこから生まれる熱いバトルがこの作品の人気の理由の一つなのだろう。


六面世界で繰り広げられる長い物語のひとつ

この物語は、六面世界と呼ばれる世界で繰り広げられる、長きにわたる超越者の物語であり、主人公はその歴史のひとつに関わるにすぎない。

章タイトルの中に『ターニングポイント』と題するものが幾つかある。

ターニングポイントの意味は『転換期』。

読んでいる時は意味がわからなかったのだが、後に伏線が回収されたとき、その意味と、物語の構成の良さに感服する。

龍神『オルステッド』の登場と、日記でのターニングポイントからの物語の展開は何度読んでも面白い。

伏線が回収されることから、物語が大きく動きを見せ、とても熱い展開が続く。

この物語を振り返ると、主人公は様々な出来事に関わるが、しかし、あくまで彼は出来事の中心にいるのではなく、その中心となる人物の手助けをしているにすぎない。

彼はその様々な出来事を見届けることになるのだが、決してその中心にいることはない。

彼は脇役なのである。

それこそ、この世界の主人公はオルステッドだと言えるだろう。彼の物語を待っている読者も多いと思う。

しかし、そこまで考えてまた気づくことがある。

これはルーデウスの物語であり、無職からこの世界に転生した、彼の人生の物語なのである。

彼の人生と共に、六面世界で起こる歴史の一つを是非読んでほしいと思う。


総評

この作品がなろう1位に上りつめた理由は、作品の題名がユニークであることからユーザーの目にとまったこともあるだろうが、なにより物語が最初から最後まで安定して面白くとても読みやすい文体だからだと思う。

主人公の性格も愛着がもて、非常に感情移入しやすい。作者曰く、六面世界の物語はこれからも続くらしいが、ルーデウスの物語をもう読めないことを残念に思う読者も多いのではないだろうか。

Web版と書籍版の違いを少し書いておきたい。

Web版と書籍版では特に大きな加筆や修正はないのだが、7巻はWeb版で描かれなかったルーデウスが学院へ入学する前の冒険者時代の話が丸々1巻収録されているため、こちらは購入すして良い思う。

書籍版、Web版どちらを読んでも良いと思うのだが、書籍版は挿絵も綺麗なため、書籍版を購入しても損はしないだろうと思う。漫画化もされているため、小説を読むのが面倒な人はこちらでも良いと思うが、個人的には小説のほうが面白さも感動も濃いため、できれば小説のほうをオススメする。(漫画は本当にうまく描かれていると思います。漫画の巻数が続いていることがそれを証明していると思います。面白くなかったら誰も買いませんからね)

私は同じ小説をあまり何度も読まないのだが、この小説はとにかく読みやすいため、Web版などはよく面白かった話を読んでしまう。感動する回は本当に泣いてしまうため、あまり外で読まないようにしている。(パウロとの再会など)

この作品はおそらく確実にアニメ化するだろうと思うが、少年時代がどちらかと言えば一番ストーリーに展開がないため、世間の評判がどうなるだろうと気になってしまう。

最序盤で読むことに躓いている人も、ぜひ少年期の最後までは読んでほしいと思う。

*闘神が最後に「若き龍神よ。願わくば、貴様の呪いが解けんことを」の言葉のここで言う「呪い」が龍神があらゆる生き物に畏怖されることではなく、初代龍神が彼にかけたもう一つの秘術のことを言及していることに気づいただろうか。初代龍神の悲願を叶えるまで、何万年も生き続けなければならない彼にとって、この秘術は「呪い」以外の何物でもないのだろう。魔龍王の手記を読むまで何も知らなかった彼にとって、そして自分には全く関係ないにも関わらず生まれながらにして壮絶な運命を背負うことになった彼は、強制的にこの秘術を繰り返しながら何を思ったのだろうか。

無職転生 - 異世界行ったら本気だす –

*魔神ラプラスの始まりの物語↓

古龍の昔話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Johng992 より:

    Over the course of the initial period, they began to flrm group identities. dcagddkdkked