【感想】過去から現在で構成された物語【ノームの終わりなき洞穴】

ノームの終わりなき洞穴

ダンジョンマスター、冒険、ダンジョン攻略。

物語のジャンルが次々と変化してゆく、他の作品では見られない変わった構成で送られるこの作品。

今回はこの『物語の変化と主人公の行く末に目が離せない』作品の感想を書いていきたい。


物語のあらすじ

地の精霊が作ったと噂される世界屈指の巨大洞窟。その最奥を見た者は未だおらず、今なお洞窟は複雑に延び続けている。採掘される宝石を狙って命知らずの冒険者達が挑み続けるダンジョン。その実情は、たった一人の錬金術士と意地汚い精霊によって、やむにやまれぬ理由から作られていた。


あらすじに少し補足したいと思う。本作の主人公は、若くして首都でも指折り術士となった準一級の錬金術士クレストフ・フォン・ベルヌウェレ。彼はある日、洞窟で苦しんでいた幻想種ジュエルを研究のため自分の工房に連れて帰るのだが、目を覚ましたジュエルにより自らの財産である宝石をすべて食べられてしまう。主人公の宝石をすべて食べた償いとして、ジュエルは自らの出身である、すべて宝石でできた幻の秘境『宝石の丘』へ案内するという契約を、主人公クレスと結ぶ。その秘境への資金調達のため、彼は鉱山を丸々1つ借りることから物語は始まる。

主人公は鉱山開発を進めるのだが、無法者どもに採掘現場を荒らされるのを防ぐため、彼は様々なモンスターを隷属、召喚、作製してゆく。鉱山開発を奥深くまで進める一方、様々なモンスターが跳梁跋扈する洞窟はいつからかこう呼ばれるようになる、『底なしの洞窟』と。


テンプレなダンジョンマスター系のなろうかと思いきや

あらすじを読んで察する者もいると思うが、本作は主人公がダンジョンマスターとなって俺TUEEEEする作品である。序盤までは。

序盤を読んだ際のこの作品の感想は、主人公は冷酷な性格、そしてダンジョンマスターとして侵入者を殺してゆき、ダンジョンマスターで俺TUEEEEする作品というものだった。恐らくこれは他のダンジョン系の作品と大差ないだろう。かませ犬の侵入者として盗賊や傭兵、冒険者、そして騎士と徐々に強い侵入者が登場してゆき、ダンジョンの強大さを表現しゆくのである。

本来、わたしはあまりこういう単純な俺TUEEEEな作品は好きではないのだが、それでも読み続けられた理由があった。それは、主人公が特段偉そうに俺TUEEEEするわけでなく、ただひたすらダンジョンの奥で鉱山を開発していたからである。ダンジョンの奥では主人公自身の物語があり、ダンジョンの上層や冒険者の侵入などの物語はほとんど分離しており、読んでいて飽きることはなかった。恐らく、私みたいにダンジョンマスターで俺TUEEEが好きでない者も、そこまで嫌悪することはないと思う。

また、このダンジョンマスター編では主人公の性格の偏移も描かれることになる。

始まりは、ダンジョンへの生け贄として近くの村から放置された少女ビーチェ。彼女が今作のヒロインである。彼女の特殊な能力を買い弟子として主人公は育ててゆくのだが、彼女と接している内に、徐々に主人公の人間性が成長してゆくことになる。青春時代から自分の能力の研磨に専念し、ダンジョンでも冷酷な部分が垣間見れる主人公。

そんな主人公が彼女と過ごしているうち人間らしさを見に付けていく様子は、読んでいて面白かった。

最もこれらは本作の序盤、ダンジョンマスター編での話である


物語はダンジョンから冒険へ

ここからが本当に面白い。

本作を序盤からリアルタイムで追っていた者は、まさか物語がこういう風に遷移すると思わなかったのではないだろうか。

私は当初、ダンジョンマスターとして侵入者を退治し、最終的には何かアクシデントが発生して主人公は宝石の丘へ行けない、といった展開を予想していたのだが、資金を集め終えた主人公は強者を集め、宝石の丘へ行くことになる。

この宝石の丘への冒険が大変面白い。正直このままダンジョンの話だけであった場合、私はこの作品を読むのを途中でやめていたと思う。

様々な強者を引き連れ、宝石の丘までの千差万別の地獄の道のりの冒険を、読者は楽しみにしていてほしい。

(本作品を読んだことがない者は、宝石の丘へ行くことがネタバレになると感じかもしれないが、今回それを感想に含めた理由を総評に書きたいと思う。)


総評

最後にノームの終わりなき洞穴シリーズについて少し説明したい。本シリーズには1作目と2作目があり、2作目は現在も投稿中である。時系列を説明すると、現在投稿されている2作目『ノームの終わりなき道程』は、ノームの洞穴シリーズの本編にあたり、今回紹介した1作目である『ノームの終わりなき洞穴』は、あくまで本編のエピローグ、つまり過去編なのである。

これは実際に作者自身が構想したもので、2作目では、1作目を読まないとわからないよう少しぼかした書き方をしたりもしている。昔からこのシリーズ読んでいてこの作者の意図を知らない読者は、2作目を読んでいて「なんでみんな知ってるのにこんな歪曲した書き方をするんだ?」と違和感を覚えた読者もいるかもしれない。それは、作者が2作目を本編と捉えているため、新規の読者が2作目から読み始めることを念頭に書いているからである。

そのため、本シリーズを読んだことがない人は、2作目である『ノームの終わりなき道程』から読み、現在投稿している部分まで読み終えたら、過去編である『ノームの終わりなき洞穴」を読むといった楽しみ方も良いと思う。

追記:エンターブレイン(ファミ通文庫)で書籍化されました。

- ノームの終わりなき道程 -

- ノームの終わりなき洞穴 -

コメントの入力は終了しました。